知っておきたい!アンテナの選び方

アンテナにはいくつかの性能がある!

地上デジタル放送を受信するには、UHF帯の八木アンテナが必要です。八木アンテナとは、魚の骨のような形をしたタイプのアンテナです。アンテナを購入する際には、いくつかの性能をチェックする必要があります。まず、受信チャンネルを確認しましょう。UHF放送は470MHzから710MHzの周波数帯域が使用されていますが、アンテナの仕様としては受信チャンネルとして表示されています。受信チャンネルが13~52チャンネルとなって入れば問題ありません。偏波面の確認も必要です。電波には縦振幅と横振幅の電波があります。これは電波の中継局により異なるので中継局にあったものを選びましょう。また、利得も重要な性能です。放送局や中継局から離れるほど電波が弱くなるため、局から遠い場合は利得が大きいアンテナを選ぶ必要があります。

アンテナの設置方法を知っておこう

一般的には、UHFなどのテレビの電波は高周波なため、直線的に電波が飛んできます。そのため、放送局や中継局から見える位置にアンテナをつける必要があるため極力高いところにアンテナを設置します。また、アンテナは放送局や中継局の方向に合わせる必要があります。アンテナの方向合わせには、テレビで映るかどうかが一つの判断材料となりますが、通常は屋根上での作業となるため家の中のテレビは確認不可能です。そんな時に活用できるのが、ホームセンターなどで販売されているレベルメーターです。レベルメーターをアンテナに直結して電波強度が一番高くなる方向にアンテナを向けます。レベルメーターを一台持っておけば、万が一テレビが映らなくなった時にアンテナが悪いのか、テレビが悪いのか容易に判断できます。