初めてでもできる?設置方法を教えて!

屋根へ設置する場合には

アンテナを設置する際には、事前に電波状況を調べる必要があります。電波の強弱によって設置するアンテナも変わってくるからです。プロに見積もりを依頼すれば、より正確な電波状況を知ることができます。屋根へ取り付ける八木式アンテナは高所作業になるため、プロに任せるのが安心です。アンテナを支える棒はマストと呼ばれ、強風でアンテナが倒れるのを防ぎます。迷ったときは太めのマストを選ぶのが良いでしょう。アンテナは取付金具で屋根へ固定し、ケーブルを配線していきます。受信が安定しない場合には、電波を増幅させるブースターをつなげると改善できるはずです。テレビが二台以上ある家庭では、分配器を使って電波を分けていきます。

ベランダや室内に設置する場合には

建物の関係で屋根に設置できないときは、ベランダを利用するのがおすすめです。壁面に取り付けるアンテナなら、ベランダが狭くても問題なく設置できます。スペースに余裕がある場合は、手すりにも取り付けるので便利です。付属の金具を使って固定し、後は同じように配線していきます。室内に設置するアンテナは、工事の必要がないのが大きなメリットです。サイズがコンパクトなので、テレビのすぐ近くに設置することが出来ます。電源はコンセントだけでなく、テレビから取れるタイプもあって便利です。受信できる電波が弱めなので、ブースターを併用して使うのが良いでしょう。初めてでも簡単にできるので、ぜひ気軽にチャレンジしてみて下さい。